2009年5月28日木曜日

googleのページランク

googleなどの検索エンジンは、キーワード検索に対する結果の表示順を決める指標のひとつとして、ページ毎にページランクという値を設定している。

ページランクはページの重要度を表していて、そのページに対するリンク数など色々な要素から決められ、定期的に更新されているのだが、

2ヶ月前から作り始めたCSPのサイトがページランク3を頂戴した。

ランクは10段階で、YAHOO! JAPANはランク8、個人のサイトならほとんどがランク4以下だ。

ほとんど意識せずにやっていたので、いきなりランク3になってて少々驚いた。

wikipediaのCSPのページを自分で編集してリンクを追加しておこうと考えたことはあったが・・。

まあ、理由は分からないが、googleに評価されたと思ってこれからも定期的に更新していこう。


ちなみに検索結果が上位に表示されれば、それだけで多くの人がサイトを訪れるので今や検索エンジン最適化(SEO)対策は企業においても個人においても当たり前になっている。

ミシュランガイドブックの星の数ひとつで自殺者が出ると言われているが、google検索で最初のページに載るかどうかでも、自殺者はともかく失業者は多数出ているだろうな・・。

今後、ますますランクが上がって訪問者が増えたら、CSPのサイトに


広告をバシバシ貼ってやろう。

0 件のコメント:

コメントを投稿